プレスリリース配信元:レコチョク

株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:板橋徹、以下レコチョク)は、ダウンロードランキングである「レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞2022年7月度」を発表しました。



「シングルランキング」ではSEKAI NO OWARI「Habit」が月間ランキング1位を獲得しました。「Habit」は、2022年4月29日(金・祝)に公開された映画『ホリック xxxHOLiC』の主題歌。映画公開の前日4月28日(木)から配信をスタートしました。その後、ミュージックビデオ(MV)で披露された中毒性の高いダンスがSNSを中心に話題となり、MVやダンス映像の話題とともに継続してダウンロードされ、7月度の週間ランキングでは常にトップ5以内にランクインしていました。
7月度はTVの大型音楽番組にも出演するなど話題を集め、6月度の2位からランクアップ、月間ランキングでの1位を獲得しました。



「アルバムランキング」は中森明菜『中森明菜シングルス27 1982-1991』が月間ランキング1位を獲得しました。『中森明菜シングルス27 1982-1991』は2018年5月2日(水)に配信リリースされた、中森明菜のワーナー在籍時の全27枚のCDシングル曲のすべてを収録したシングル・コレクション【CDリリース:1994年】です。
2022年7月9日(土)にNHK総合で「伝説のコンサート『中森明菜 スペシャル・ライブ1989 リマスター版』」が再放送されたことを受けて、7月10日(日)から3日間連続でアルバムデイリーランキング1位を獲得。また、7月19日(火)には日本テレビ「マツコの知らない世界 『80年代アイドルSP聖子明菜振り付け裏話/衣装/卒業ソング』」で楽曲やエピソードが紹介されたこともあり、7月13日(水)発表の週間ランキングで4位、27日(水)発表のランキングでは2位、その勢いのまま、デビュー40周年となる2022年、7月度の月間ランキングで1位を獲得しました。

【レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞】2022年7月度 (2022年8月1日発表)
■シングルランキング
1位:「Habit」SEKAI NO OWARI (2022年4月28日配信開始)
2位:「雨燦々」King Gnu
3位:「ミックスナッツ」Official髭男dism
4位:「新時代 [ウタ from ONE PIECE FILM RED]」Ado
5位:「Scream」BE:FIRST
https://recochoku.jp/ranking/single/monthly/

■アルバムランキング
1位:『中森明菜シングルス27 1982-1991』中森明菜 (2018年5月2日配信開始)
2位:『Mr.Children 2015 - 2021 & NOW (STUDIO盤)』Mr.Children
3位:『あの日、あの場所/眩光』WANIMA
4位:『Proof』BTS
5位:『Unity』Mrs. GREEN APPLE
https://recochoku.jp/ranking/album/monthly/

※1.シングルランキングとは、レコチョクで配信しているダウンロード(シングル、ハイレゾシングル)を合算した総合ランキングです。
※2.アルバムランキングとは、レコチョクで配信しているダウンロード(アルバム)を合算した総合ランキングです。
※レコチョクアワードとは、対象期間中の対象種別それぞれのダウンロード数を集計し、最も多くダウンロードされた楽曲を表彰するレコチョクオリジナルアワードです。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。