プレスリリース配信元:一般社団法人不動産テック協会

~コロナ禍によりスペースシェアリング、VR・AR サービス拡大~

不動産 × IT を促進する一般社団法人不動産テック協会[以下、不動産テック協会:代表理事 滝沢 潔(株式会社ライナフ 代表取締役)、同代表理事:巻口 成憲(リーウェイズ株式会社 代表取締役)]は 2022年8月8日(月)カオスマップ部会によるセミナーにて不動産テック カオスマップ第8版を発表いたしました。



【不動産テックの定義】
「不動産テック(Prop Tech、ReTech:Real Estate Techとも呼ぶ)とは、不動産 × テクノロジーの略であり、テクノロジーの力によって、不動産に関わる業界課題や従来の商習慣を変えようとする価値や仕組みのこと。」

昨年までとは異なり、第8版では以下のように編集方針が変更されました。

【第8版編集方針】


仲介業務支援、管理業務支援カテゴリーの細分化
メディアのみのサイトの削除
集客、送客サイト、自社物件サイトの削除
サービス内容の変化により該当しなくなったものの削除
運用が1年間なされていないものの削除


過去のカオスマップは以下のサイトよりご覧いただけます。
https://retechjapan.org/retech-map/

【不動産テックサービス1年間の傾向】


コロナ禍によるオンライン対応を追い風に、VR・AR が増加
場所に縛られない働き方が普及し、スペースシェアリングが大幅に増加
クラウドファンディングは新規参入とサービス停止が共に増え、入れ替わりが激しかったものの、全体としては増加
リフォーム・リノベーションサービスでは BtoC のマッチングに加え BtoB 事業も展開
価格可視化・査定はプレイヤーが減少したものの BtoB 向けの API 提供企業が増加
業務支援は機能追加、サービス間の機能連携が加速、大手企業も参入

【掲載ガイドラインについて】
不動産テック カオスマップは、下記のガイドラインに従って掲載を行っております。

<掲載要件>

AI(人工知能)、IoT、ブロックチェーン、VR・AR、ロボットなど現時点において先進的なテクノロジーを活用しているビジネスまたはサービス
一般的なITやビッグデータを活用することで、従来(インターネット普及以前)には無かった新しい価値や顧客体験をつくりだしているビジネスまたはサービス
一般的なITやビッグデータを活用することで、従来(インターネット普及以前)には無かった新しいビジネスモデルや収益モデルを実現しているビジネスまたはサービス
一般的なITやビッグデータを活用することで、既存の業界課題の解決や商習慣・慣例を打破しているビジネスまたはサービス
一般的なITやビッグデータを活用することで、オンラインプラットフォームを実現しているビジネスまたはサービス

※不動産テック カオスマップについて
不動産テック カオスマップは不動産テック協会が年に1度独自のリサーチにより独自の視点で取りまとめたもので、網羅性や正確性を完全に担保するものではありません。

■不動産テック協会について
不動産テック協会( https://retechjapan.org/ )は、不動産とテクノロジーの融合を促進し、不動産に係る事業並びに不動産業の健全な発展を図り、国民経済と国民生活の向上並びに公共福祉の増進に寄与することを目的とした団体です。情報セキュリティの調査やデータベースに関するルール策定、また海外不動産テックサービスの状況調査などを通じて、健全な業界活動における基盤構築と最新テクノロジーによる業界発展に貢献して参ります。

■不動産テック協会
協会ホームーページ:https://retechjapan.org/
入会URL:https://retechjapan.org/membership/

■本リリースに関するお問い合わせ先
不動産テック協会事務局 info@retechjapan.org

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。