アメリカ下院議長の台湾訪問に反発し中国が実施した軍事演習について、県は10日国に対し今後、沖縄近海で演習を実施しないことを中国に申し入れるよう要請しました。

外務省沖縄事務所を訪れた県の嘉数知事公室長は、中国の軍事演習で漁の自粛など影響が出たとして、今後沖縄近海で演習を実施しないよう中国に申し入れるとともに国は米中の緊張緩和に向け取り組むことを求めました。

梶田拓磨副所長は今回の弾道ミサイル落下は重大な問題だとして関係各所に伝えるとともに情報提供など県と連携していく考えを示しました。

この後、県は沖縄防衛局も訪れ県民の命を守るため万全の措置を講じるよう訴えました。