第2次岸田改造内閣の発足を受け、岸田首相が、10日記者会見し、旧統一教会との関係について、「組織的な関係はないとの認識を従来から示している」として、自民党としてあらためて調査することには慎重な考えを示した。

岸田首相は、自民党として旧統一教会との関係を改めて調査する考えはないのかと問われたのに対し、「自民党と旧統一教会は組織的な関係はないという認識を従来から示している」と述べた。

そして、それぞれの議員が関係を点検し、厳正に見直すよう指示したと強調した。

また、「自民党の政策決定は、幅広く国民の声を聞く、関係省庁からの説明、有識者専門家の議論な、様々なプロセスを経ている。旧統一教会の政策が不当に自民党の政策に影響を与えたとは考えていない」と述べた。