第2次岸田改造内閣の発足を受け、岸田首相が、10日記者会見し、旧統一教会との関係を点検し、厳正に見直すことを了解した人のみ任命したと述べた。

岸田首相は会見で、旧統一教会について、「信教の自由については、憲法上保障がなされているものでもある。しかし、社会的に問題が指摘されている団体との関係については、国民に疑念を持たれるようなことがないよう、十分に注意しなければならない」と強調した。

そして、「国民の疑念を払拭するため、今回の組閣に当たり、私から閣僚に対し、政治家としての責任において、それぞれ当該団体との関係を点検し、その結果も踏まえて厳正に見直すことを厳命し、了解した者のみを任命した」と述べた。

その上で、各閣僚に対し、「宗教団体も社会の一員として関係法令を遵守しなければならないのは当然のことで、仮に法令から逸脱する行為があれば、厳正に対処すること」、「法務大臣はじめ関係大臣は、悪質商法などの不法行為の相談、被害者の救済に、連携して万全を尽くすこと」の2点を指示したことを明らかにした。