立憲民主党の西村幹事長が虫垂炎(盲腸)となり、党の会合を欠席した。

立憲民主党の泉代表は9日、党の会合で西村幹事長が虫垂炎(盲腸)となったことを明らかにした。

西村氏を巡っては、新型コロナの濃厚接触者となった泉代表に代わり、6日に広島で行われた平和祈念式典に出席する予定だったが、5日になり、急きょ欠席することを発表。

欠席理由について、党の関係者は「腹痛で飛行機に乗るのも無理そうだった」と説明していた。

一方、濃厚接触者となっていた泉代表は7日に抗原検査で陰性と判定され、9日に行われた長崎の平和祈念式典には出席した。