自民党は9日、旧統一教会との関係を見直すよう、党所属国会議員に通達を出した。

9日に自民党の茂木幹事長名で出された「今後の議員活動について」と題した通達では、「現在、いわゆる旧統一教会と政治家との関係に注目が集まってる。社会的に問題が指摘されている団体との関係については、十分に注意する必要がある」と指摘した。

その上で「今回、調査の結果、党として旧統一教会とは組織的な関係は一切ないことを確認している」とした上で、「党所属国会議員各位におかれても、国民に疑念を持たれることのないよう、政治家としての責任において当該団体との関係をそれぞれ点検し、適正に見直してください」と旧統一教会との関係見直しを求めた。