わずか15秒で、壁や看板を次々と破壊

夜の街で光る看板。その前に1台の車が急停止した。

この記事の画像(15枚)

車から、黒ずくめの覆面5人組が降りてきた。

すると、次の瞬間、一人がいきなり看板を蹴り倒した。

手には、消火器やゴルフクラブを持っているのが確認できる。

防犯カメラは、7月31日に群馬県高崎市にある飲食店を紹介する案内所が襲撃される一部始終を捉えていた。

5人組は案内所に侵入するなり、消火器やゴルフクラブなどで壁や看板を次々と破壊した。

襲撃の時間はわずか15秒ほど。5人組はその現場から立ち去って行った。

取材班が現場を訪れると、生々しい襲撃の跡が残されていた。

被害にあった男性は、「(この穴が)やられた跡だと思います。これがたぶん犯人が叩いた時に折れていたゴルフクラブじゃないか」と説明した。

現場には、破壊行為に使われた折れ曲がったゴルフクラブが残されていた。

男性は「ガッチャンガッチャンというようなとんでもない音がして、とにかく怖いの一言」と、襲撃された時の恐怖を語った。

被害額は、壁や看板などの修理代で100万円ほどに及ぶという。

3年で5回も被害に 金属バットで…

この案内所が被害にあったのは、今回が初めてではない。過去にも3年で5回ほど襲撃にあったという。

2年前には、白い仮面をかぶった2人組が現れ、持ってきた金属バットで案内所を破壊し、さらに看板をペンキで汚されるなどの被害にあった。

被害にあった男性は「ふざけるなっていうところですよね。もし自分がされたらどう思うんだ」と話す。男性は、警察に被害届を提出したという。

(「イット!」8月8日放送)