統一教会から世界平和統一家庭連合に名称が変更された経緯をめぐって、前川・元事務次官が、政治的な圧力があったとの趣旨の発言をしていることをめぐって、末松文部科学大臣が、きょうの閣議後の記者会見で反論した。

前川・元次官は、2015年、旧統一教会が名称変更を申請したことについて、申請内容に実態が伴っていない場合、宗教法人審議会にはかる選択肢もあったと指摘しているとされる。

この点について、末松大臣は、記者会見で、「実態が変わっていないことを理由に受理しないことは考えにくい。要件を備えていることを確認し、決定した。審議会にはかる案件ではない」などと反論した。