長く続いたマスク生活ですが、夏本番を迎え「脱マスク」に向けた動きがようやく日本でも始まりつつあるようです。

熱中症を防ぐという観点から、厚生労働省もマスクを外しても良いシチュエーションを屋外・屋内ごとに発表し、状況に応じてマスクを外す事を推奨しています。

そんな中、人気ライフスタイルブランド「LOVE RESCUE THE WORLD」から2年前に発売され約80万個を売り上げる大ヒットとなった「ダブル抗菌マスクケース」という商品が「夏場の脱マスク」に欠かせないアイテムとして今またジワジワと売れ始め、注目を集めているというのです。一体そこにはどんな背景があるのでしょうか?

社長であり同社のクリエイティブディレクターを務める田郷岡(たごおか)氏に話をお伺いしました。


■ようやく日本でも状況に応じてマスクを外そうという機運が高まってきました。

そうですね。以前まではもうとにかく朝から晩までランチの時以外は一日中マスクを着けっ放しというような状態でしたが、ようやく最近になって「ここではマスクを外してもOK」「ここでは依然としてマスクを着用しよう」というマスクのオン/オフの使い分けが進んだように思います。実際、私は毎朝ランニングをしているのですが、朝早くて周りに人が少ないという事もあってか、この時間に走っているランナーの皆さんを見ていると、もう7~8割位の方はマスクを外して走っているような印象ですね。


■それはやはり厚生労働省の推奨が大きかったのでしょうか?

「猛暑に耐えかねて」というのが一番の理由でしょうけれど、厚生労働省の推奨というのは一つの大きなきっかけになっていると思いますね。

こんな暑さの中、誰だってマスクなんかしたくないワケですが、今まではやはり人目が気になって外せなかったけど、厚生労働省もそう言ってるし、という事で恐る恐るマスクを外し始める人が少しづつ増え始めて、それを見て「じゃあ私も外そうかな」という連鎖が広がって来ているのではないでしょうか?


■コロナ以前に戻る「脱マスク」に向けての第一歩目がようやく始まったという事ですね。

そうですね。この流れが加速して「状況やシチュエーションに応じてマスクを着脱する」という傾向は今後さらに進んでいくだろうと考えているのですが、この「マスクを着脱する」際に、気を付けて頂きたいとても重要な事があるのです。


■と、申しますと?

はい。ここからが特に今日言いたかった事です。笑

ご存知の通り、人の口の中には大腸菌や黄色ブトウ球菌などの雑菌が沢山いるので、マスクの内側には当然それらの細菌が付着するのですが、さらにこの季節は汗でマスクの内側が湿ってしまいますよね?つまり、マスクの内側というは細菌の繁殖には絶好の環境なのです。

ですので、外したマスクをそのままポケットやバッグの中に入れてしまうのは大変に不衛生であると共に危険な行為でもあるのですが、実際には多くの方がそうしてしまっていたのではないでしょうか?

つまり、これまでは食事の時などに「ちょっとの間外すだけだから」という事でポケットやバッグの中に入れてしまっていたと思うのですが、これからはマスクを長時間外す機会が増えてくる事が予想されるのでそういうワケにもいきません。

夏場のマスク着用には熱中症のリスクだけではなく、細菌性中毒症のリスクもあるのです。

そこで私たちが提案しているのが「抗菌マスクケース」の上手な活用なのです。


■「抗菌マスクケース」を上手に活用して夏場のマスクの着脱をスマートに!安心・安全に!

「屋外の人気の無いところでマスクを外したら抗菌タイプのマスクケースに入れて、汗で湿ったマスクの雑菌の繁殖を防ぎましょう」というのが私たちの提案なのですが、では抗菌タイプのマスクケースなら何でも良いかと言うとこれがそうでもないのです。笑

他社さんからも抗菌マスクケースとして売られているものはあるのですが、それらはマスクケースの表面に抗菌ニスを塗ってあるだけなので、使っているうちに表面が摩耗してくると抗菌効果が薄れてきてしまうのです。

それに対して、弊社が「LOVE RESCUE THE WORLD」というブランドで販売している「ダブル抗菌マスクケース」は素材のPP自体に抗菌剤が練り込んであって、そこにさらに抗菌ニスをかけている「ダブル抗菌仕様」なので、抗菌効果が圧倒的に長持ちします。「SIAA」(抗菌製品技術協議会)が定める基準を満たし認証マークも取得しています。

また、年齢・性別を問わず誰にでも使って頂けるようなシンプルなデザインなので多くの方にスマートに使って頂けます。




■LOVE RECUE THE WORLDの「ダブル抗菌マスクケース」がようやく始まった「段階的脱マスク」に欠かせないアイテムである理由とは?

「ここはマスクを外して良いですよ」「ここではマスクの着用が必要ですよ」いうマスクのオン/オフの切り替えは、今後屋外だけではなく屋内にもさらに広がっていくのは必然だろうと思います。またこれは、新規陽性者数の増減に関わらず進行していくだろうと予想しています。

そして、やがてはコロナ以前のように「基本、マスク無し」になっていくのでしょう。

でも、それでも暫くの間は「基本、マスク無し。でも念の為マスクケースに入れたマスクをバッグに常備」という移行期間が必要なのではないでしょうか?

LOVE RESCUE THE WORLDの「ダブル抗菌マスクケース」は最初に申し上げた通り、抗菌PP+抗菌ニスの「ダブル抗菌」仕様で抗菌性能の高いマスクケースですので、これからは脱マスクまでの移行期間の必需品になって来ると思います。



■「脱マスク生活」に向けて、マスクケースを上手に活用して「マスクをいつも清潔な状態で携帯・保管しておく」という事が重要なワケですね。

おっしゃる通りです。

マスクを外す生活が少しずつ戻って来ても、しばらくの間はマスクを常に携帯しておかなければならないでしょう。

段階的に脱マスクに向かう間は、マスクケースを活用してマスクを常に清潔な状態で携帯・保管し、マスクのオン/オフに備えておく事が、これからの時代のエチケットになって来るのではないでしょうか?

そう意味では、是非多くの方に活用して頂きたいと思っておりますので、現在お取り扱い頂けるコンビニやドラグストア様、SM様、問屋様などを募集中です。

そして、一日も早くマスクを完全に外して過ごせるコロナ前の生活が戻って来る事を心から願っています。


【URL】

https://www.loverescuetheworld.com/maskcase


 ■「ダブル抗菌マスクケース」の7つの特徴

1.抗菌剤を練り込んだPP素材にさらに抗菌ニス加工を施したダブル抗菌仕様。抗菌ニスだけの商品よりも抗菌効果が長持ちします。

2.口内からマスクの内側に付いた雑菌の繁殖を抑え、マスクを清潔に携帯・保管出来ます。

3.屋外や食事の際などに外したマスクのスマートな収納アイテムとして活用する事により「段階的脱マスク」に効果的です。

4.使用中のマスクと予備のマスクを分けて入れられるダブルポケット。

5.性別・年齢を選ばないシンプルなデザイン。

6.スーツのポケットにも入れられる薄型でコンパクトなサイズ。

7.SIAAマーク(抗菌製品技術協議会)入り認定商品。安心の日本製。

※抗菌SIAAマークとは、抗菌製品技術協議会(以下、SIAA)が定めた基準を満たした製品に認証される抗菌商品のシンボルマークです。






■「ダブル抗菌マスクケース」製品概要

価格:¥550(税込み)

カラーバリエーション:ホワイト、ブラックの2色

サイズ:約115×205mm

素材:抗菌PP(ポリプロピレン)+抗菌ニス

生産国:日本

販売方法:弊社公式サイト

楽天店

https://item.rakuten.co.jp/daigo-kuradashi/4570055/


Yahoo!店

https://store.shopping.yahoo.co.jp/dyn/0330845700557.html


※お取り扱い小売店様、問屋様募集中。

※ノベルティやOEMも承っております。

【会社概要】

会社名:株式会社ステレオ・スキップ

所在地:〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町7-7 ぺんてるマンション 601

代表者:田郷岡 聡

設立:1998年12月

URL:https://www.loverescuetheworld.com/

【事業内容】

●ライフスタイル・ブランド「LOVE RESCUE THE WORLD®」の運営

●各種ノベルティグッズの企画・製作

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】

株式会社ステレオ・スキップ

担当:田郷岡 聡(たごおか さとし)

TEL:03-5614-0107(平日10時~17時)

e-mail:stereoskip@gmail.com







行動者ストーリー詳細へ
PR TIMES STORYトップへ
データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。