松野官房長官は8日、旧統一教会と政治との関係について、各大臣に関係見直しを指示したことを明らかにした。

松野官房長官は8日の記者会見で「いわゆる旧統一教会と政治家との関係については国民から様々な意見が寄せられており、社会的に問題が指摘されている団体との関係については、政治家として十分注意しなければならない」と述べた。

その上で、同日の閣僚懇談会の中で、岸田首相の指示を受け、各大臣に対し、国民に疑念を持たれることのないよう当該団体との関係を点検し、厳正に見直しを行うよう指示したことを明らかにした。

また各大臣に対して、副大臣や政務官にも、旧統一教会との関係見直しを伝えるように指示したことも明らかにした。