ロシア軍が支配下に置くウクライナ南部のザポリージャ原発で砲撃があり、黒煙が上がる新たな映像が公開された。

ロシア国営メディアが報じた新たなザポリージャ原発の映像では、周辺施設から黒い煙が上がる様子が映し出されている。

ウクライナ国営の原発運営会社は5日、ロシアの砲撃で施設が損傷し、放射性物質が飛び散る危険性があると明らかにした。

ゼレンスキー大統領は、核の脅威を与えるテロ行為だと批判した。

ゼレンスキー大統領「いかなる砲撃も明白な犯罪行為であり、テロ行為だ」

一方、ロシア国防省は、原発施設などへの砲撃は、ウクライナ軍によるものだと主張している。