国連のグテーレス事務総長は6日、訪問先の広島市で公明党の山口代表と会談した。会談後、取材に応じた山口代表によると、核軍縮や国際情勢などについて意見交換した。

会談で山口代表は、「核兵器禁止条約の第1回締約国会議とNPT(核拡散防止条約)の相互補完関係を大切にしながら、日本として核兵器禁止条約の第2回締約会議に、オブザーバー参加を目指していきたい」と述べた。

一方、グテーレス氏は、「今、世界の現状は、核軍縮を進める方向と逆の流れが強まっている。しかし、流れを反転させて、核軍縮を進めていく流れをつくっていかなければならない」と語ったという。

また、グテーレス氏は、ウクライナ情勢や東アジア情勢などについて、「状況を解決し、安定を導くようにともに協力していきたい」と山口代表に伝えた。

山口代表は、2018年にグテーレス氏が長崎の平和祈念式典に参加した際にも会談している。

記事 1176 政治部

日本の将来を占う政治の動向。内政問題、外交問題などを幅広く、かつ分かりやすく伝えることをモットーとしております。
総理大臣、首相、官房長官の動向をフォローする官邸クラブ。平河クラブは自民党を、野党クラブは、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会など野党勢を取材。内閣府担当は、少子化問題から、宇宙、化学問題まで、多岐に渡る分野を、細かくフォローする。外務省クラブは、日々刻々と変化する、外交問題を取材、人事院も取材対象となっている。政界から財界、官界まで、政治部の取材分野は広いと言えます。