ペットを捨てる行為などへの対策として、2022年6月、ペットショップなどで販売される犬や猫にマイクロチップの装着が義務化されました。

一方、法律の施行前から飼っているペットは、努力義務とされ、そうしたペットへの装着が課題とされています。