静岡県浜松市は7月、DV被害者の個人情報を記したリストを誤って市民1人に送付するミスがあったことを明らかにしました。

誤って送付されたのはDVの被害を受け支援が必要な東区の39世帯66人分のリストです。

市によりますと7月、東区長寿保険課の職員が1人で国民健康保険証を発送していた際、宛先を照合するために印刷したリスト16枚のうち3枚を誤って同封したということです。

リストが届いた市民もDV被害の支援対象者でした。

市は被害者に謝罪するとともに、複数の職員で作業するなど再発防止を徹底する方針です。

記事 599 テレビ静岡

静岡の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。