子どもの健やかな遊びに役立ててもらおうと、野菜から出来たクレヨンが、富山県内のこども園などの子ども達に贈られました。

富山信用金庫が、取引先の保険会社から提供を受けたもので、5日富山信用金庫の山地清理事長が県保育連絡協議会へ800個のクレヨンセットの目録を贈りました。

このクレヨンは米油などをベースに、捨てられる野菜の葉などを原材料にしていて、子どもが口に入れても安全だそうで、食品ロス削減にもつながります。

さっそくクレヨンを手にした下堀こども園の園児たちは、思い思いの絵を描いていました。

富山信用金庫では、このほか、子ども食堂やフードドライブなどの社会貢献活動を行っていて、今後も続けていきたいとしています。

記事 367 富山テレビ

富山の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。