新型コロナウイルスの感染が拡大し、保険販売を見直す動きが相次ぐ中、日本生命は、一部の医療保険で入院給付金の上限を引き下げる方針。

対象となるのは、加入直後から一般的な病気やけがを対象にした保険金を受け取れるタイプの医療保険で、日本生命は、9月26日加入分から、入院給付金の上限を40万円から30万円に引き下げる方針。

新型コロナに感染した場合、自宅療養を含め入院給付金が支払われる仕組みとなっているため、発熱の自覚があるのに告知していなかったり、濃厚接触者になったあとに契約するなど、不正請求が疑われるケースが相次いでいることをふまえたもので、新規顧客からの自発的な加入申し込みの受付も停止しているという。