5日未明、佐賀市の国道で乗用車が歩行者をはねる事故があり、歩行者の男性が死亡しました。警察は乗用車を運転していた20歳の男を酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。

5日午前3時20分ごろ、佐賀市松原一丁目の国道264号線で、長崎方面に進んでいた乗用車が横断歩道を渡っていた歩行者をはねました。
この事故で、横断歩道を歩いて渡っていた佐賀市堀川町の荒尾彰さん49歳が病院に運ばれましたが、約1時間後に死亡しました。
また、乗用車を運転していた自称小城市三日月町長神田の会社員植田龍雅容疑者20歳が酒気帯び運転の現行犯で逮捕されました。
植田容疑者からは、基準値の2倍以上のアルコールが検出されていて、「飲酒運転して人をはねたことは間違いありません」と容疑を認めています。
警察は過失運転致死傷の疑いも視野に調べを進めています。

記事 405 サガテレビ

佐賀の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。