小学6年生と中学3年生を対象に行われた全国学力テストの結果、岩手県は算数と数学・理科の正答率が全国平均を下回りました。

全国学力テストは2022年4月に行われ、県内からは小学6年生と中学3年生、あわせて1万7300人あまりが参加しました。

その結果が7月公表され、岩手県の中学3年生の平均正答率は国語が70%で全国平均を上回ったものの、数学と理科は1ポイントから2ポイント下回りました。

また小学6年生では国語の平均正答率が67%で全国平均を1ポイント上回りましたが、算数は62%で1ポイント下回っています。

県教育委員会では「数学の連立方程式など指導の成果が出ている部分もあるが、さらに改善に取り組みたい」としています。