準暴力団に指定されている「チャイニーズドラゴン」のメンバーらが、入店を断った飲食店の店員にけがをさせた疑いで逮捕された。

傷害の疑いで逮捕されたのは、チャイニーズドラゴンのメンバー・佐藤次郎容疑者(48)と、

この記事の画像(6枚)

知人でチャイニーズドラゴンの関係者、小谷剛介容疑者(46)ら4人。

4人は4月、東京・北区の赤羽にある飲食店で、暴れるなどして20代の男性店員に全治約2週間のけがをさせた疑いが持たれている。

佐藤容疑者ら4人と男性店員の間にいったい何があったのか。

料金トラブルで“入店を断られ”腹いせに

事件は、4人が飲食店を訪れた際に起きた。対応した男性店員は以前、佐藤容疑者が店で料金トラブルを起こしていたため入店を断った。

これに小谷容疑者が腹を立て、男性店員がつけていた無線装置のコードで首を絞め、顔を殴るなどの暴行に及んだとみられている。

入店を断られた腹いせの犯行。警視庁は4人の認否について明らかにしていない。

(「イット!」8月4日放送)

記事 1834 イット!

知りたかったことが分かれば、きっと明日が楽しくなる。
知らなかったことが分かれば、きっと誰かに話したくなる。
「明日も頑張ろう」と思えるそのささやかな力になれればと今日もニュースをお届けします。
フジテレビ報道局が制作する夕方のニュース番組。毎週・月曜〜金曜日午後3時45分より放送中。加藤綾子と榎並大二郎が最新ニュースを丁寧にお伝えします。