東京都で手足口病が流行し「警報レベル」となっています。

手足口病は毎年夏に子どもを中心に流行する感染症で、口の中、手のひら、足の裏などに発疹や水疱ができて、熱が出ることもあります。

都によりますと、7月25日~30日に患者報告数が「警報レベル」となったということです。

警報レベルになるのは2019年以来3年ぶりです。

症状が治まった後も2週間から4週間、便などにウイルスが排泄されるということで、都は小まめな手洗いや、集団生活でタオルの共用をさけるなど感染予防をよびかけています。