東京都で手足口病が流行し「警報レベル」となっています。

手足口病は毎年夏に子どもを中心に流行する感染症で、口の中、手のひら、足の裏などに発疹や水疱ができて、熱が出ることもあります。

都によりますと、7月25日~30日に患者報告数が「警報レベル」となったということです。

警報レベルになるのは2019年以来3年ぶりです。

症状が治まった後も2週間から4週間、便などにウイルスが排泄されるということで、都は小まめな手洗いや、集団生活でタオルの共用をさけるなど感染予防をよびかけています。           

記事 930 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。