幼い姉弟が車の中で放置され、熱中症で死亡した事件。

当初は“子どもと一緒に車の中にいた”と話していた母親の長沢麗奈容疑者(21)が、実際には知人の男性の家に行っていたことがわかりました。

そして、児童相談所もネグレクトとして調査をしながら、15日間連絡をしていませんでした。幼い命、救うことはできなかったのでしょうか。

車内に幼児2人放置し知人男性宅に…自ら通報も“ウソ”

険しい表情を浮かべながら、警察車両に乗り込んだのは、長沢麗奈容疑者(21)。

この記事の画像(7枚)

7月29日、神奈川県厚木市内で1歳の息子、煌翔(こうが)ちゃんを車の中に放置したとして、保護責任者遺棄の疑いで逮捕されました。煌翔ちゃんは、発見後まもなく死亡。そして、一緒に車内に放置されていた2歳の娘も8月2日、死亡しました。

長沢容疑者は、公園に止めた車の中から自ら通報した際、「子どもと公園で遊び、子どもが寝たから車の前の席にいた」と説明していました。

しかし実際には、エンジンを切り、クーラーも効かない車の中に子ども2人を残したまま、公園近くの知人男性の家に車を停めて、男性宅に行っていたことが分かったのです。

約1時間にわたって、知人男性宅に滞在していたという長澤容疑者。その後、2人がぐったりとしていることに気がつくと、公園に移動。そこから119番通報をしたといいます。

警察の調べに対し、長沢容疑者は「放置したことに間違いはない」と、容疑を認めています。

離婚をし、母親と同居しながら、2人の子どもを育てていたという長沢容疑者。近所の人は、こんな姿を目撃していました。

逮捕母の素顔「若いのに頑張っている」「礼儀正しい子」

近隣住民:
プールか何かがあって、遊んでいるのをちょくちょく見る。いつも遊んでいるなっていう感じではあった。楽しそうでしたよ、普通に

暑い中、子どもたちをプールで遊ばせるなど、優しい母親のイメージだったといいます。

容疑者の知人:
SNSにもお子さんの写真をいっぱい載っけたりしていた。若いのにすごく頑張っているなっていう印象はありましたね

こう語るのは、最近まで連絡を取っていたという知人の男性です。

容疑者の知人:
この間、7月の初めぐらいにたまたま連絡が来て、まあ特に何か深い話をしたわけじゃないんですけれども、相変わらず礼儀の正しい良い子だなあっていう印象は受けていたので

礼儀正しかったという長澤容疑者。中学校の同級生は…

中学時代の同級生:
気が強いけど優しい子でした。話しやすい子ではありましたね。元気で自分の思ったことをはっきり言う子だったので

――ニュースを知ってどう思った?

中学時代の同級生:
子ども2人が亡くなっちゃった事実も悲しいし、それが自分の友達だったっていうのがちょっと未だに信じがたいですね

信じられないという知人たち。

3週間前にも“車内放置”で署から児相に通告…しかし連絡は15日後

一方、3日に記者会見を開いた厚木市の児童相談所は…

厚木児童相談所・山岸秀俊 所長:
7月14日ですが、茅ケ崎警察署から中央児童相談所への通告がありました

事件3週間前の7月8日にも、長沢容疑者が、1歳の煌翔ちゃんを、エンジンを切った車の中に放置。警察は現場の状況などから「ネグレクト」と判断し、6日後の7月14日、児童相談所に通告していたのです。

これを受け、担当者が長沢容疑者に連絡したのは、今回の事件が起きた当日の7月29日。長沢容疑者が自ら119番通報をする30分前のことで、電話はつながりませんでした。

児童相談所「緊急性低い」と判断…なぜ?

では、なぜ児童相談所への通告から長沢容疑者への連絡まで、15日かかったのでしょうか?

児童相談所は、月に150~200件の“虐待”通報があることから「他の案件で立て込み、優先順位をつけ、緊急性を判断し29日になった」といいます。

今回のケースについて、都内の児童相談所に19年間勤務していた、家族問題カウンセラーの山脇由貴子さんは、「緊急性を判断して29日に連絡した」ことに対して「警察からの通告は緊急性が高いと判断すべき」だといいます。

さらに児童相談所は、「通常は通告から7日~10日で連絡する」としていますが、山脇さんは「すぐに確認を試みるのが一般的。連絡がつかなければ家庭訪問などを行うべき」と指摘します。

そもそも、なぜ児童相談所は今回の件について、「緊急性は高くない」と判断したのでしょうか?

児童相談所は、子ども2人の検診・予防接種の状況を確認したところ、特に心配な状況ではなくすぐに着手という判断にはならなかったといいます。

ここに関しても山脇さんは「判断材料が乏しすぎるのではないか。離婚・若年出産ということで気にかけるべきだった」と話します。

児童相談所の会見:
我々が関わりのある幼い命が2人亡くなったということについては、非常に遺憾に思っています。我々の支援が足りなかったということについては反省をしていかなければいけないところです

(めざまし8 8月4日放送より)