日本M&Aセンターの元取締役が1憶1000万円あまりを脱税した疑いで東京国税局から刑事告発されました。

関係者によりますと所得税法違反の疑いで刑事告発された日本M&Aセンターの大山敬義元取締役は新株予約権などで得た株式を売却した際の所得の一部およそ7憶4600万円を隠し所得税およそ1憶1100万円を脱税した疑いがもたれています。脱税した金は貸付金などに充てていたということです。

大山元取締役はこの会社の創業メンバーの一人でFNNの取材に「軽い気持ちで行ったものだが深く反省している。既に修正申告と納税を済ませた」とコメントしています。(画像は、大山元取締役が住むタワーマンション)