こちらが新しく完成したPR動画です。
主演は安藤桃子さん。「映画監督」や「移住者」としての目線で高知の魅力を語っています。

主な撮影場所は県内に移住するきっかけとなった映画「0.5ミリ」と同じ高知市旭町。
ただ監督は安藤さんではありません。
ある作品を見て感動し、その監督に自ら依頼しました。

映画監督・安藤桃子さん
「まずは作品が素晴らしすぎて。え、これ外注じゃなくて警察官が撮ってるとか。高知、とんでもないぞ?」
「西森さん・・・(動画の製作者)」

安藤さんが白羽の矢を立てたのが、高知県警の西森達也警部補です。
県警に入る前の映像制作の経験を生かして、これまで数々の警察のPR映像を手がけてきました。
そのクオリティの高さに安藤さんがほれ込み、新たな動画制作を県警に企画提案し実現しました。

高知県警・西森達也警部補
「映画監督にご出演いただくということですごく緊張した撮影にはなったんですが、高知に移住された監督に高知というものを改めてしっかり見つめていただけている。愛していただけているということを感じた」

映画監督・安藤桃子さん
「映画監督と警察のコラボレーション。職業で見たらかけ離れて感じられるかと思うが、街を見守るとかみんなの幸せを願っているということに関してはまったく変わらない思いがあるよねということで」

この動画は県警のYouTubeチャンネルでこのあと午後7時から公開されるほか、帯屋町アーケードのデジタルサイネージで見ることができます。

記事 296 高知さんさんテレビ

高知の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。