トウモロコシを積み、ウクライナを出港した最初の貨物船が、中継地のトルコに到着した。

ウクライナとロシア、仲介役のトルコ、国連で構成される共同調整センターの検査チームは、3日、黒海沿岸で停泊中の積み荷に穀物や肥料以外が含まれていないか検査した。

貨物船はこのあと、地中海を経由し、中東レバノンに向かう。

国連関係者によると、オデーサ港などには穀物を積んだ貨物船が27隻待機していて、順次出港するものとみられる。