人気お笑いコンビ・千鳥のノブさん(42)が、病気治療のため、入院したことが発表された。

病名は、「右椎骨動脈解離」。

所属する吉本興業によると、ノブさんは7月27日、首に痛みを感じ、その後も痛みが引かなかったため、2日、病院を受診。

その結果、右椎骨動脈解離と診断され、そのまま入院することになった。

椎骨動脈解離とは、どのような病気なのか。

椎骨動脈は、首の骨の中にあり、脳に血液を送る動脈。

動脈は、内膜・中膜・外膜の3層構造。
このうち、一番内側の内膜が破れることで、中膜に血液が入り込む状態が動脈解離。

これが椎骨動脈で起きると、後頭部から首の後ろのあたりに、突然激しい痛みを感じ、それが数日間続くという。

脳神経外科の医師は、中高年の男性に多い病気だとしたうえで、「解離の状況によっては、脳梗塞とか、ひどい場合は、くも膜下出血を起こすので、場合によっては命に関わることも出てくるかと思います」と説明した。

ノブさんの担当医師によると、検査の結果次第で、ノブさんは数日後に退院できる見込み。

退院後、1カ月程度の安静が必要だという。

ノブさんは2013年に、未破裂左椎骨動脈解離と診断され、入院した。

今回の病気と関係はあるのか。

松山病院 脳神経外科・楠勝介副院長「(椎骨動脈が)右と左という点では、前と同じところではないと思うが、同じ病気を何度も起こされているので、血管が弱いような、遺伝的なものがあるかもしれない」

吉本興業は、「ノブの体調回復を最優先とすることへのご理解と、千鳥へのご支援を引き続き賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」としている。