先月29日、神奈川県・厚木市で、駐車場に止められた車の中で、幼い姉弟が放置され死亡した事件で、逮捕された母親の長沢麗奈容疑者(21)が、先月8日も、弟を車に放置して、児童相談所に通告されていたことが分かった。神奈川県などが、きょう午前、記者会見を行い明らかにした。

長沢容疑者は、先月29日、厚木市の公園駐車場に止めた車の中に、1歳の息子の煌翔(こうが)ちゃんを放置した疑いが持たれている。当時、車内には、2歳の姉も一緒に乗っていた。2人とも意識不明の状態で見つかり、その後、病院に運ばれた。

煌翔ちゃんは、その日のうちに死亡が確認され、死因は熱中症だった。姉も、きのう死亡している。姉の死因については、今後、司法解剖により明らかにされる見通し。

送検される長沢麗奈容疑者(21)(3日午前 小田原署)
送検される長沢麗奈容疑者(21)(3日午前 小田原署)
この記事の画像(12枚)

神奈川県などによると、長沢容疑者は、先月8日、自分の母親の他に、2歳の姉と煌翔ちゃんの合わせて4人で、寒川町の店舗に買い物に出かけたという。長沢容疑者は、煌翔ちゃんが寝ていたため、車の中に放置したまま、店舗に向かったという。

近くにいた人が、煌翔ちゃんが放置されていることに気づき、茅ヶ崎署に通報。駆けつけた警察官が、長沢容疑者に対して注意するとともに、「ネグレクト(育児放棄・怠慢)」と判断し、先月14日、児童相談所に通告したという。

その後、児相では、長沢容疑者に対する電話連絡などを実施していなかった。児相の担当者が、長沢容疑者の携帯電話に連絡をしたのは、事件が起きた当日の先月29日午後4時20分ごろだったという。その際、電話はつながらなかったとのこと。

児相では、事案を把握してから、およそ2週間、長沢容疑者と連絡を取っていなかったことになる。。記者会見で、神奈川県などの担当者は「幼児の車内放置については、もっと深く関わるべきだった。非常に重く受け止めている」と話した。

事件を受けて、神奈川県などが記者会見を行った(3日午前 神奈川県庁)
事件を受けて、神奈川県などが記者会見を行った(3日午前 神奈川県庁)
逮捕直後、厚木署から移送される長沢容疑者(2日夜)
逮捕直後、厚木署から移送される長沢容疑者(2日夜)
幼い2人が意識不明の状態で見つかった現場(先月29日 神奈川・厚木市)
幼い2人が意識不明の状態で見つかった現場(先月29日 神奈川・厚木市)