神奈川県・厚木市の駐車場に止められた車の中で、意識不明の状態で見つかり、その後、死亡した2歳の姉と1歳の弟をめぐって、2人が車内に放置されていたことが、神奈川県警厚木署の調べで分かった。厚木署は、一緒にいた21歳の母親を、さきほど、保護責任者遺棄の疑いで逮捕した。

逮捕されたのは、厚木市長谷の無職・長沢麗奈容疑者(21)。調べによると、長沢容疑者は、先月29日、厚木市の公園の駐車場に止めた車の中に、息子で1歳の煌翔(こうが)ちゃんを放置した疑いが持たれている。

当時、車内には、煌翔ちゃんと2歳の姉がいて、意識不明の状態で見つかった。一緒にいた母親の長沢容疑者が、警察に通報したもので、煌翔ちゃんは病院に運ばれたが、まもなく死亡。2歳の姉も、きょう死亡した。

司法解剖の結果、煌翔ちゃんの死因は、熱中症と判明。厚木署は、今後、姉の死因についても調べる方針。また、車内で放置されたことと、2人が死亡したこととの因果関係についても調べる見通し。

逮捕前の事情聴取に対して、長沢容疑者は、「30分ほどクーラーを付けず、窓を開けて、後部座席で子どもを寝かせ、自分は前の席でスマートフォンを使っていた」などと説明していた。

しかし、捜査関係者によると、当時、長沢容疑者は、公園近くの知人男性宅に行っていたという。車は、男性宅の近くに止めたままで、エンジンを切って、クーラーはついていなかったとみられる。

およそ1時間後、長沢容疑者が車に戻ってきたところ、2人はぐったりしていたという。その後、長沢容疑者は、車を、公園の駐車場まで移動させて、公園から警察に通報。警察官に対しては、ウソの説明をしたとのこと。厚木署は、長沢容疑者の当日の行動について確認する方針。

一方、調べによると、事件の数週間前の先月上旬、長沢容疑者が、茅ヶ崎市内の店で、煌翔ちゃんと2歳の姉を放置したとして、児童相談所に通告されていたことも分かっていて、厚木署は、今後、親子の生活実態などについても調べるとみられる。