神奈川県の公園の駐車場で先週、意識不明の状態でみつかった2歳の女の子が2日、死亡した。母親は、発見後間もなく死亡が確認された男の子と、この女の子を放置したとして、この数週間前にも児童相談所に通告されていたことが新たに分かった。

これは厚木市の公園駐車場で7月29日夕方、母親の通報を受けて警察などが駆けつけたところ、車の中で2人の子どもが意識不明の状態でみつかったもの。

このうち、1歳の男の子は搬送先の病院で死亡が確認されていたが、車内に一緒にいた2歳の女の子が2日、死亡した。

そして、2人の母親はこの数週間前の7月上旬に、茅ヶ崎市内の店で2人を放置したとして、児童相談所に通告されていたことが新たにわかった。

警察は2日、男の子の司法解剖を行うと共に、母親から話を聞いて調べている。

現場となった駐車場の日中の様子
この記事の画像(11枚)
記事 930 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。