関東では大気の状態が不安定となり、群馬県の各地で記録的短時間大雨情報が相次いで発表され、猛烈な雨が降った。

大粒の雨が地面を打ち付け、車が激しく水しぶきをあげている。

暖かく湿った空気の影響で大気の状態が不安定となり、31日の夜、群馬県の各地で猛烈な雨が降った。

群馬県では各地で31日午後9時ごろまでの1時間に120mm以上の大雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が相次いで発表された。

この大雨の影響で富岡市では、漏電したとみられる電線から火花が出る被害があった。

大雨のピークは過ぎたが、明け方ごろまでは土砂災害や河川の増水などに注意が必要。