千葉市の駐車場に、生まれたばかりの女の赤ちゃんを置き去りにした疑いで、20歳の母親が逮捕された。動機は分かっていないという。

毛布にくるまれた赤ちゃんが駐車場に

「へその緒がある赤ちゃんが捨てられている」。今年5月23日午後2時ごろ、千葉市稲毛区山王町の住宅街で、赤ちゃんの泣き声がしたという。それに気づいた近所の人が、駐車場を見に行ったところ、生まれたばかりの女の赤ちゃんが置き去りにされていたとのこと。

逮捕された奈良原瑠奈容疑者(20)(28日夜 千葉北署)
この記事の画像(3枚)

当時、赤ちゃんは、毛布にくるまれていたそうだ。取材に対して、通報した女性は、「赤ちゃんの泣き声がしていて。外に飛び出していったところ、赤ちゃんが本当に捨てられていたので。すごく、泣いていましたね」と話した。

赤ちゃんは、幸いなことに、健康状態に問題はなかった。そのまま、千葉県内の児童福祉施設に保護されたという。千葉北署は、保護責任者遺棄事件として、捜査に着手。赤ちゃんを”捨てた”女を特定した。それが、千葉市・花見川区の自称・フリーター 奈良原瑠奈容疑者(20)だった。

逮捕されたのは「20歳の母親」

詳細は明らかにされていないが、防犯カメラの映像分析などから、関与が浮上したとみられる。千葉北署は、きのう、奈良原容疑者を、赤ちゃんが見つかった駐車場に任意同行。現場の状況について説明させた上で、逮捕に至ったという。

赤ちゃんは、奈良原容疑者の娘で、出産直後に現場に放置したとみられている。調べに対して奈良原容疑者は、赤ちゃんを遺棄したことについて「間違いない」と容疑を認めている。これまでの捜査では、赤ちゃんを捨てた動機は不明だ。奈良原容疑者に結婚歴はなく、赤ちゃんの父親が誰なのかも分かっていない。

記事 944 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。