旧統一教会と政治の関係をめぐり、岸防衛相が旧統一教会に所属する人たちに「選挙の際、手伝ってもらった」と発言したことについて、木原官房副長官は26日、「政府としてコメントする立場にはない」と述べた。

岸防衛相は26日の記者会見で、旧統一教会との関わりについて質問されたのに対し、「付き合いもあるし、選挙の際に手伝ってもらっている」「具体的に運動員という形では手伝ってもらってはいないと思う。具体的には分からないが、(投票呼びかけの)電話作戦などがあったと思うし、ボランティアなどで手伝ってもらったケースはあると思う」などと述べた。

こうした岸防衛相の発言について、木原官房副長官は26日午後の記者会見で、「各大臣の政治活動に関することなので、政府としてコメントする立場にはない」と述べるに留めた。