ロシア国防省は、ウクライナと穀物の輸出再開で合意した直後、南部のオデーサ港にミサイルが着弾したことについて、軍艦などへの攻撃だったと主張した。

ロシア国防省は24日、オデーサ港のウクライナの軍艦と、アメリカ軍が供与した対艦ミサイルの倉庫をミサイルで破壊したと発表した。

ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシアが穀物輸出に関する合意を結んだ直後に港を攻撃したとして、「ロシアは対話の機会を破壊した」と非難していた。

ロシア側は合意違反ではないとの立場を示していて、今後、輸出がスムーズに再開するかは不透明。