気象庁によると午後8時5分頃、桜島で爆発的な噴火が発生し、大きな噴石がおよそ2.5km先まで飛んだという。

気象庁は、桜島に噴火警報を発表するとともに噴火警戒レベルを最も高い5の避難に引き上げ、火口からおおおむね3kmの住民に避難を呼びかけた。

また、概ね2kmの範囲に火砕流に警戒するよう呼びかけている。

警察や消防によりますと、これまでに噴火に伴う被害は確認されていないという。

気象庁は、午後10時50分から記者会見を行い、噴火の状況などについて説明する予定。

※ストリーミングのため、配信が遅れることがあります

【関連記事はこちら】
・【速報】鹿児島・桜島で爆発的噴火 警戒レベル5に引き上げ 気象庁が緊急会見へ