ロシアの侵攻から、24日で5カ月となる。

ウクライナ当局は、黒海に面した南部のオデーサ港が、ロシア軍のミサイル攻撃を受けたと発表した。

両国は、ウクライナ産穀物の輸出再開で合意したばかりだった。

ウクライナ当局によると、23日、オデーサ港にロシア軍のミサイルが2発着弾した。

ロシア側は、攻撃を否定している。

両国は、国連とトルコが仲介する形で、ウクライナ産穀物の輸出再開で、前の日に合意したばかりだった。

合意では、港湾施設に攻撃を行わないとしていた。

ウクライナのゼレンスキー大統領「ロシアのオデーサ港攻撃は、皮肉なもので、ロシア自身の政治的立場への打撃にもなった」

ゼレンスキー大統領は、ロシアとの合意は信用できない姿勢を強調した。

アメリカのブリンケン国務長官は、ロシアが「約束を破った」と非難し、合意の履行を求めた。

ロシアの侵攻から5カ月、世界で食料不足への懸念が高まる中、穀物輸出がスムーズに再開されるかは不透明な情勢。