みんなが「それ何?」と気になるニュースをプレゼン形式でわかりやすくお伝えする「ソレナニ」のコーナー。矢野記者です。

【矢野記者】
今回のテーマは「知らないと怖い男性の更年期障害」です。

厚生労働省が先月、あるアンケート調査の結果を発表しました。

(Q:男性に更年期があることを知っていますか?)
40代以上の男性で知っていると答えた人は15%程度。
(Q:更年期障害を自覚している人は)
男性は50代で15%程度。女性はご自身の更年期を自覚している人は結構います。
(Q:医療機関を受診しましたか?)
となると、男性は2%以下。女性も自覚がある人が多い割には「受診した」という人は意外と少ないのが現状です。一般的に呼ばれる「更年期障害」とは男性ホルモンの低下が原因です。しかし、男性ホルモンの低下がなくても同様の症状が発症することがあります。
これらの症状を総称して「更年期症状」といいます。それでは男性ホルモンの低下による「更年期障害」は体にどのような影響が出てくるのでしょうか?

話を聞いたのは、広島駅前泌尿器科クリニックの正路晃一院長です。

(広島駅前泌尿科クリニック・正路晃一院長)
「骨密度が下がってくる他には筋肉量が落ちる太りやすくなってくるということが体に出てくる。精神症状がうつ状態のようにやる気が出ないとか夜眠れないという症状が出てくることがある。もう1つは性機能障害いわゆるED勃起障害であったり大きく3つに分かれて(症状が)出てくる」

さらに症状が重症化することで生活に大きなリスクが生じると専門家は指摘します。

(広島駅前泌尿科クリニック・正路晃一院長)
「男性の場合仕事に支障が出てくる方が多いです。いわゆる男性ホルモンというのはやる気だったりとか、ポジティブにものを考えたり社会的要素のあるホルモンになる。男性ホルモンが減ってくると仕事ができない。朝起きられない。という症状が出てくることがある。それで失職した状態で(病院に)来る方もいる。」

【スタジオ・矢野記者】
男性と女性では更年期症状の出る時期などにも大きな違いがあります。
女性の場合、閉経の5年前後にホルモンが一気に下がることによって、この期間が限定で症状が出るのに対して、男性の場合は時期が不規則なのが特徴です。

(広島駅前泌尿科クリニック・正路晃一院長)
「男性ホルモンの値が年齢もしくはストレス、自律神経などのストレスが加わることによって男性ホルモンが低下してくると起きると言われています。私の所に今通ってきている方で最年少は40歳です。40歳以上の男性であれば、いつということはなしに起こって、かつ、いつまで続くかというと結構長い間続いたりする。女性の方は人生の中で一過性のものという捉え方。男性の場合は途中から起きて継続するようなイメージです」

つまり、男性の更年期は“状況によって突然始まり、終わりがいつになるのか分からない”ということなのです」

それでは、更年期症状が出た場合の治療はどうなるのでしょうか?

(広島駅前泌尿科クリニック・正路晃一院長)
「男性ホルモンの値の応じて一定の数値以下の方は男性ホルモンを補充しましょう。(男性ホルモンが)一定以上の数字の人に対しては、それに応じた症状。症状に応じた治療を行います。例えば男性ホルモンは高いがEDの症状があればEDの治療薬を使ったり、男性ホルモンが低い人に関しては日本では保険がきいて一般的に使われているのは注射です。だいたい3~4週間に1回くらい打つタイプの注射がよく使われています。

【スタジオ・矢野記者】
男性の更年期症状の状況を示す指標になるのが、AMSスコアというものです。これは医療機関などでも行いますが、インターネットなどでも情報を得ることが出来ます。ポイントによって現状が分かる仕組みになっていて、結構、いろんなことを聞かれます。身体の状況とか、なかには「人生の山は終わった」など。変化に気づいたらAMSスコアをやってみるとか、場合によっては医療機関を受診されることをお勧めします。