生活家電の6月の国内出荷額は、3カ月連続でマイナスとなった。

日本電機工業会によりますと、エアコンや冷蔵庫など生活家電の6月の国内出荷額は2693億円で、前の年の同じ月を9.2%下回り3カ月連続のマイナスとなった。

中国・上海でのロックダウンにより工場の停止や部品調達の遅れの影響が続いている。

製品別では、この上海ロックダウンなどの影響により、ルームエアコンが1174億円で前の年の同じ月を13.2%下回り、2カ月連続でマイナスとなった。

一方で、住宅着工戸数の回復などを受けIHクッキングヒーターは72億円で前の年の同じ月を18.8%上回り、3カ月連続でプラスとなった。