東京都の小池知事は、さきほど、きょうの新型コロナウイルスの新規感染者数が、2万400人程度にのぼることを明らかにした。都内で、1日の感染者数が最も多かったのは、2月2日の2万1562人。次いで多かったのは2月5日の2万1110人。都内の感染者数が2万人を超えるのは、それ以来で、およそ5カ月半ぶり。

一方で、小池知事によると、急激に増えている感染者に対応するため、回復した人たちを受け入れる療養施設の確保を進めているという。小池知事は「現場の調整などスピーディーにやっていきたい」と述べた。

東京都の専門会議では、すでに、感染拡大の”第7波”に入ったとの見解が示されている。さらに、会議では、先週、都内の感染状況について、「これまで経験したことのない爆発的な感染状況になる」などの指摘があった。その上で、きょう7月20日の時点で、1日の感染者数が2万3253人に、来週の27日には5万3482人に達するとの試算が出されていた。

一方で、専門家の間では、先週末からの3連休について、接触の機会が増えることから、さらなる感染拡大の恐れがあるなどの指摘が出されていて、今週以降の感染傾向に注意が必要とされている。