長野県内で新たに2人の「新型コロナウイルス」感染者が発生したことがわかりました。

新たに感染が確認されたのは、いずれも上田市に住む60代女性会社員と50代男性会社員の2人です。60代女性は、先月29日に37度台の発熱があり、3日に保健所に相談、感染症指定医療機関を受診し検体を採取、きょう「陽性」が確認されました。50代男性は、2日に38度台の発熱などの症状があり、3日に保健所の調整により感染症指定医療機関を受診、検体を採取、きょう「陽性」が判明しました。

上田市では、2日に一家3人の感染が確認されていましたが、2人はいずれもその家族の濃厚接触者です。60代女性は、一家の50代女性の会社の同僚、一家の50代男性は20代男性の会社の同僚だということです。

きょう感染が確認された2人とも不特定多数との接触はないということです。ただ、この他に濃厚接触者は一家の50代女性の勤務先で2人、一家の20代男性の勤務先で9人確認されています。

また、1日に感染が確認されたJR東日本長野支社の社員も同居していないもののこの家族の1人で一家の20代男性から感染した可能性があるということです。県は20代男性の感染経路について、現在、調査中としています。

県内での感染者はこれで72人となりました。うち28人が退院しています。