岸田首相は14日、記者会見を行い、現在は60歳以上の人などに行っている新型コロナワクチンの4回目接種の対象を、医療従事者や高齢者施設の従事者に拡大することを表明した。

岸田首相は、14日の会見で「重症化リスクの高い高齢者などを守り、医療提供体制の人員を確保するため、関係審議会に諮った上で、全ての医療従事者と高齢者施設の従事者およそ800万人を対象に4回目接種を行うこととする」と明らかにした。

ワクチンの4回目接種は、現在は60歳以上の人や18歳以上の基礎疾患がある人が対象だが、これを医療従事者や高齢者施設の従事者に拡大する。拡大の時期について岸田首相は、「自治体と連携して15日から準備を始め、来週以降、速やかに接種を進める」と述べた。