自民党の河野太郎広報本部長が、新型コロナウイルスに感染したことが、13日、明らかになった。

衆議院によると、河野氏の感染は12日に判明し、現在は自宅待機をしている。国会議員の感染は78人目。

河野氏の周辺によると、12日朝、喉の痛みを感じたことから、医療機関で検査を受けたところ、陽性が判明したという。症状は軽いものの、12日から職務にはあたらず、自宅で待機している。

河野氏は、今年3月、自衛隊の大規模接種会場で3回目の接種を受けていた。

河野氏は、参院選投票日の10日に、自民党本部の開票センターで対応したほか、11日には、自民党の臨時役員会や安倍元首相の通夜に出席していた。