AKB48や乃木坂46で知られる秋元康プロデューサーが手がける新たなガールズバンドの結成会見が12月23日、東京・Zepp Tokyoで行われた。

発表されたバンドメンバーは41人。各楽器パートに複数のメンバーが在籍。楽曲ごとにメンバーを選抜するこれまでにないコンセプトのガールズバンドプロジェクトだ。会見はライブハウスのステージ上に報道陣を招き、ステージと客席間に幕が張られた異様な空間で発表がスタート。

冒頭、秋元康プロデューサーとワーナーミュージックジャパンの小林和之社長が、今回のプロジェクト発足の経緯と概要を説明すると、ステージ上の幕が開き、無観客の客席を背に、ステージ前方にバンドメンバーが登場(学業のため1人欠席)。バンド名「ザ・コインロッカーズ(THE COINLOCKERS)」も発表された。

メンバーは9月から12月まで行われたオーディションにより選出され、最終審査合格者には前日担当楽器が届けられ合格の証となった。年齢は13歳~19歳、平均年齢16.9歳。超絶テクニックを持つ経験者から全く楽器に触れたことのない未経験者までが勢ぞろいし、数カ月間の育成期間での厳しい練習を経て、2019年初夏のデビューを目指す。

秋元プロデューサーの命名によるバンド名はコインロッカーには、大切なものを預けたり、取り出したり、着替えたりと、何かもう一つの自分になれるキッカケになるもの。きっとそこには彼女たちの夢が詰まっているのではないかという意味合いを込めたという。

そして小林和之社長から、来年の同月同日に同じ会場Zepp Tokyoでのワンマンライブ開催も発表された。観客ゼロの無観客記者会見からスタートした「ザ・コインロッカーズ」は1年後同じZepp TokyoのSOLD OUTを目指し活動していくことになる。

秋元康
今回のメンバーは、スタッフと一緒に選びました。スタッフそれぞれがバンドに入れたいと言って選ばれたのがこのメンバー。必ず一人一人に誰かの思いがあって、選ばれたメンバーです。
それぞれの輝き方がありバラバラに見えますが、乱反射してキラキラな41人です。オーディションを通じて思ったのは、みんな楽器が上手いなと。未経験のメンバーも含めてこれから、メンバーの特性がどこにあるのか見極めながら、各々がもっと輝けるようなバンドにしたい。

秋元康
まずは、楽曲作り、練習をしながら、合宿、レコーディング等の経験を積んでバンドとしての音を作り上げたい。選抜については、ファン、スタッフ、楽器の先生、そしてメンバー本人の話を聞きながら、この楽曲にはこのメンバーと決めていきたいが、この選抜システム自体が未知数なところがあって、それが面白いかなと思っています

とコメントした。