前議長がパワハラ・セクハラか

千葉県の市原市議会の前議長がセクハラやパワハラを行った疑いがあることが分かった。

この記事の画像(7枚)

疑いが持たれているのは、岡泉前議長、56歳。

市原市議会・岡泉前議長:
「こういった事態を招いたこと自体が我が身の不徳の致すところでございますので、深く反省致しております」

市原市の報告によると、岡前議長は、2022年2月に50代の男性職員を「あんた」呼ばわりした上で、ほかの職員の前で強く叱責。合わせて職員3人にパワハラを行ったという。

岡前議長は6日、「ハラスメントの認識はなかった」と説明した。

市原市議会・岡泉前議長:
「私はこう見えて不作法な人間に見えて、1つちっちゃいときから野球もやってて、年上に関しては『あんた』なんていうことはまずない、言えないんですよ。『みなさんしっかり対応してください』ってみんなの前で言った覚えがあります」

何度も食事誘い頭なでる?

さらに、岡前議長は30代の女性職員を繰り返し食事に誘うなどセクハラ行為を行った疑いが持たれている。

ーー断ろうとするとお詫びに『足を踏んでほしい』と強要した。そのほかにも公園に呼び出して『止まり木のような存在でいたい』と言って頭をなでたという。これについてはいかがですか?

市原市議会・岡泉前議長:
「(女性に)細かい指示を出している中で、『あんまりうるさかったから、もう途中で蹴り入れてもいいからね』って軽く言ったことは覚えています。『えー蹴りなんて入れられません』って。あ、じゃあ『足でも踏んづけてもいいよ』といった覚えがありますけど、踏んでないです」

市原市民からは「事実だったらそういうところを直していった方がいいと思います」「真実を知りたいですよね。本当のことはどうなのかと。でもイメージはついちゃいますよね」といった声が聞かれた。

岡前議長は今後、弁護士を通じて、事実確認を行うとしている。

(「イット!」7月6日放送より)

記事 1815 イット!

知りたかったことが分かれば、きっと明日が楽しくなる。
知らなかったことが分かれば、きっと誰かに話したくなる。
「明日も頑張ろう」と思えるそのささやかな力になれればと今日もニュースをお届けします。
フジテレビ報道局が制作する夕方のニュース番組。毎週・月曜〜金曜日午後3時45分より放送中。加藤綾子と榎並大二郎が最新ニュースを丁寧にお伝えします。