ウクライナ東部・ドンバスのうち、ルハンスク州の制圧を宣言したロシア軍は、残るドネツク州に対しても攻勢を強めている。

ロシア軍はドネツク州の制圧を目指し、ミサイルなどで攻勢を強めていて、スラビャンスク市長は5日、市場が攻撃され、少なくとも1人死亡し、7人負傷したと明らかにした。

ロシアのショイグ国防相は、「軍事作戦は目標達成まで続ける」と強調している。

また南部・ヘルソン州では5日、ロシア側が設立した州政府が活動を始めていて、ロシアへ編入させるための住民投票に向けた動きの可能性がある。