イルカショーから熊本城まで

4月30日、休館中の横浜・八景島シーパラダイスがSNSにアップしたのは、外出自粛中でも自宅で楽しめるようにと撮影したイルカショーの動画。

横浜・八景島シーパラダイス 髙橋直人総支配人:
例年GWはたくさんのお客さまにお越しいただいておりますが、今年はこういう状況ですので、まずご自宅で楽しんでいただければなと

さらに、4月29日から公開されるはずだったのが、復旧工事が進む、熊本城の特別見学通路。(※延期により公開日は未定)

本来なら、地上約6mの高さから、有名な石垣と今しか見られない工事中の様子なども見ることができたという。

熊本城おもてなし武将隊・加藤清正さん:
今回、約17億円かけて通路を作り申した。(新型コロナが)収束したら、必ずや来ていただきたいという思いが沸いておる

めざましテレビ・ココ調調査班が調べただけでも、このGWに公開延期になっている施設やホテルは、全国に30カ所以上もあった。そこで今回の「ココ調」は、GWなのに残念ながら公開延期となってしまった全国の注目新スポットの魅力を一足早く調査する。

羽田空港に天然温泉⁉ 全国のグルメも集結

最初に向かったのは、羽田空港。国際線ターミナルと直結し、羽田の新たなシンボルとなる「羽田エアポートガーデン」(※オープン日は未定)。

まだシャッターが閉まっているその先へ、今回、特別に入れさせてもらうことに。

横山ルリカ リポーター:
おお~スゴイ!全面スクリーンで!マスク越しでも新築のようなにおいがしますね

1700室以上もある日本最大のエアポートホテルに、1日800便が発着する予定のバスターミナル。そして…

住友不動産 事業企画部・吉江和章課長:
こちらですね。吹き抜けの周りに日本の文化を発信したり、地方の名店が全部で90店舗

横山ルリカ リポーター:
よく見ると、お店にはのれんが掛かっていて、日本らしさを感じるような作りになっていますね

京都の「六角館さくら堂」や福井の「福井洋傘」、静岡の「日本茶きみくら」など、東京初出店の店や…

宮家献上品の食パン「Bakery MIYABI」など、全国各地の老舗の名店がズラリと揃っている。

そんな商業施設の中でも注目なのは?

住友不動産 事業企画部・吉江和章課長:
フードコートになるんですけれども、通常のフードコートではなくて、1ランク上の「フードホール」ということで

東京の食材を豊富に使った海鮮重や十割蕎麦、江戸前ラーメンなど、5店舗が入る江戸をテーマにしたフードホールだ。

他にも、この施設イチオシのスポットが…

横山ルリカ リポーター:
うわーすごい!一面ガラス張りでいい眺めの中での温泉です

住友不動産 事業企画部・吉江和章課長:
空港の敷地内を掘りまして、温泉を汲み上げております。直掘りしているというのは、(日本の空港で)ここだけになります

最大500人が利用できる、日本初の空港内にある天然温泉。羽田の国際拠点化に合わせた24時間営業で、誰でも利用することができる。外の露天風呂に出てみると…

横山ルリカ リポーター:
すご~い!気持ちいいですよ!

住友不動産 事業企画部・吉江和章課長:
あちら側に、ちょっと今日は見えませんが、富士山がしっかりと見えてまいります

条件が良ければ、このように温泉に浸かりながら富士山を望み、飛行機まで一緒に見ることができる、まさに日本でここだけの贅沢スポット。

住友不動産 事業企画部・吉江和章課長:
元の活気のある空港に戻って、皆さんが笑顔でご来館いただける日を楽しみに、準備を進めたいと思っております

絶景水族館・アイヌ博物館・絶叫アトラクション

ここからは、公開延期になっている全国の施設の見どころをスカイプリレーでご紹介。

まずは、3月にグランドオープンを迎えるはずだった、香川県宇多津町の「四国水族館」。「四国水景」をテーマに、生き物の生態はもちろん、四国の文化なども学べる博物館のような水族館だ。

四国水族館・松沢慶将館長:
景色が非常に素晴らしいんです。夕方ですね、瀬戸に沈む夕日、これを背景にイルカたちが気持ち良さそうに躍動している。自由な姿を楽しんでいただく。私のオススメのポイントです

続いては、北海道白老町から。4月24日にオープンを予定していた「ウポポイ(民族共生象徴空間)」。

ウポポイ(民族共生象徴空間)對馬一修本部長:
ウポポイというのは、アイヌ語で「大勢で歌う」ということを意味しています。先住民族アイヌをテーマとする、日本初の国立博物館です

東京ドーム2個分の広大な敷地に、アイヌの文化や生活用品を展示し、伝統文化なども体験できる施設。夜には、アイヌの神話をモチーフにしたプロジェクションマッピングも楽しめる。

続いては、福岡市中央区から。PayPayドームに改名したドームの隣に建設される、劇場やフードホール、王貞治さんのミュージアムなどが入る、複合エンターテインメントビル「E・ZO FUKUOKA」。

福岡ソフトバンクホークス 広報・池田優介さん:
屋上にアトラクションを建設していまして

そのアトラクションがこちら!ビルの側面に沿って、一気に地上まで滑り降りる全長100mの巨大滑り台だ。

さらに、屋上にはぶら下がり式のレールコースターを設置。ドームの屋根はもちろん、福岡市内も一望できるという。

ソフトバンクの選手たちもこれには驚いたようで…

福岡ソフトバンクホークス 広報・池田優介さん:
「何あれ!?」みたいな(笑)プロ野球も開幕して、皆さんアトラクションとかが楽しめる状況になったら、選手の皆さんにも楽しんでいただきたいなと

カワウソやデジタルアートで盛り上げる!新感覚のフラワーパーク

続いて向かったのは、東京都稲城市の「よみうりランド」。(※現在は休園中)

こちらに新しくできた施設が、フラワーパーク「HANA・BIYORI」だ。(※オープン日は未定)植物が約170種、2万1000本が楽しめるだけではない。

横山ルリカ リポーター:
えっ、あれは…カワウソじゃないですか?かわいい~!でも、なぜフラワーパークにカワウソなんですか?

よみうりランド 広報・奥谷祐さん:
こちらはですね、新感覚フラワーパークなんです。今までのフラワーパークにはないものをたくさん詰め込んでいて、そのひとつがカワウソ。花とカワウソって合いませんか?

さらに、関東最大級という300を超えるフラワーシャンデリアなど、360度を花に囲まれた室内にも新感覚スポットがある。

横山ルリカ リポーター:
あそこに「スターバックス」って書いてある!

よみうりランド 広報・奥谷祐さん:
植物園では、日本で初めて出店をしていただきました

本物の植栽で作られた「STARBUCKS」の文字が見られるのは、日本でここだけ。店内も花と緑に囲まれた、非日常の空間が広がっている。

そして、この施設一番の見どころは…

横山ルリカ リポーター:
あっ、すごいキレイ!何これ!? お花のところがめちゃめちゃ光ってますよ!

そう、花とデジタルアートが融合した新感覚のプロジェクションマッピング!

お客さんの顔の表情をカメラで撮影し、リアルタイムで分析。その時の感情に合わせたエンディングが上映される仕組みだ。

よみうりランド 広報・奥谷祐さん:
今はいつ再開できるか分からないですが、営業した暁には、笑顔になってもらえるように、スタッフ全員で今休んでいる分、倍倍にして頑張っていきたいと思います

(「めざましテレビ」『ココ調』5月1日放送分より)
(「めざましテレビ」特設サイトでは、「今日のココ調」など人気コーナーのコンテンツが無料で楽しめます!特設サイトはこちら