東京都で、2日、新たに3616人が新型コロナウイルスに感染していることが分かった。先週の土曜日よりも1456人増え、4日連続で3000人台となった。1日の感染者数としては、15日連続で前の週の同じ曜日を上回った。

感染者を年代別に見ると、10歳未満が370人、10代が445人、20代が798人、30代が651人、40代が572人、50代が398人、65歳以上が284人だった。10代~30代が全体のおよそ半分を占めた。重症者は5人だった。また、患者のうち新たに1人(80代男性)の死亡が報告された。

東京都は、今週、都内の感染状況の警戒度について、「感染が再拡大している」として、上から2番目のレベルに引き上げた。新規感染者数の7日間平均は、2週連続で増加していて、東京都のモニタリング会議では「単純にかけ算すると、来週は3000人を超え、再来週は5000人になる」との分析結果も出されている。4日連続で3000人台となったことで、再来週の”5000人台”が現実味を帯びてきた。

記事 928 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。