新型コロナ 65歳未満の患者1人死亡 新たに73人感染確認<岩手県>

岩手県などは7月1日、65歳未満の患者1人の死亡と73人の新型コロナウイルスの感染確認を発表しました。

県は2日、入院中で基礎疾患があった65歳未満の新型コロナウイルスの患者1人の死亡を発表した。
65歳未満の死亡の発表は2021年8月以来で6人目となり、県内の死者は累計で97人となりました。

一方、新たに感染が確認されたのは、盛岡市で21人、県央保健所管内で22人などあわせて73人です。
6月24日金曜日より1人少なく、13日連続で2桁となりました。新たなクラスターは確認されていません。

県内で入院している人は14人で重症者はおらず、自宅で療養している人は602人となっています。

記事 797 岩手めんこいテレビ

岩手の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

岩手県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×