辺土名高校の生徒たちが、体に金粉がかかったような黄金色の珍しいクワガタを見つけ話題となっています。

まるで金粉をまぶしたかのように黄金色に輝くクワガタは辺土名高校サイエンス部の生徒と教諭が今月14日にクワガタの生態調査のために入った夜の大宜味村の林道で発見しました。

▽金城勇斗さん(3年)
「めちゃくちゃ驚きました」
▽仲井間憲太さん(1年)
「すごい金粉かぶったノコギリ(クワガタ)見つけたよって」

クワガタは体長が4センチほどのオスのオキナワノコギリクワガタで、今は辺土名高校で飼育されています。

▽東竜一郎教諭
「私も20年くらいクワガタ好きで、山で観察しているんですが本当に初めて金粉のクワガタを見つけて生徒もなんですけど、僕も興奮してびっくりしました」

辺土名高校サイエンス部は黄金色のメスも飼育していて、今後は繁殖にも挑戦することにしています。

記事 810 沖縄テレビ

沖縄の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。