厳しい暑さが続き、東京電力管内の電力需給がひっ迫する中、福島県の勿来火力発電所9号機が6月30日午前3時トラブルにより停止したことについて、磯崎官房副長官は会見で「電力需給の状況を注視しながら、今後の対応を判断したい」と述べた。

勿来火力発電所を運営する常磐共同火力によると、30日午前3時頃、9号機の送風機が激しく振動するトラブルが発生したため、稼働停止した。

9号機の最大出力は60万キロワットで、そのうち半分の30万キロワットが東京電力に供給されている。

磯崎官房副長官は30日の記者会見で、勿来発電所9号機の稼働停止について、「今日の夕方までに一部復旧する予定と聞いている。引き続き電力需給の状況を注視しながら、今後の対応を判断したい」と述べた。

9号機は電力がひっ迫している状況を受けて、午後3時をめどに、出力を25万キロワットまで落として再稼働させる予定で、経産省は「予備率の若干の低下はあるが、安定供給に必要な供給は確保されている」としている。

記事 1167 政治部

日本の将来を占う政治の動向。内政問題、外交問題などを幅広く、かつ分かりやすく伝えることをモットーとしております。
総理大臣、首相、官房長官の動向をフォローする官邸クラブ。平河クラブは自民党を、野党クラブは、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会など野党勢を取材。内閣府担当は、少子化問題から、宇宙、化学問題まで、多岐に渡る分野を、細かくフォローする。外務省クラブは、日々刻々と変化する、外交問題を取材、人事院も取材対象となっている。政界から財界、官界まで、政治部の取材分野は広いと言えます。