日本大学の次期理事長に、作家の林真理子さんが就任するのに合わせて、新たな理事として女性2人が内定したことが分かった。日大に女性理事が就任するのは、平成以降、初めて。

日本大学は、前理事長による脱税事件や、付属病院を舞台として背任事件など、相次いで不祥事が発覚した。このため運営体制を一新し、来月1日、作家の林真理子さん(68)が理事長に就任する予定だ。

また、先週行われた理事会では、日本大学豊山女子高等学校の柳澤一恵校長と日大・危機管理学部の永沼 淳子教授が、新たに理事に就くことが承認されたという。日大で、女性が理事になるのは、平成以降初めてとなる。

理事長に選任された際、林真理子さんは、最も大きな課題として「マッチョな体質の改革」を挙げた上で、女性登用を積極的に進める考えを示していた。日本大学では、来月1日、新体制の発足について記者会見を行う予定だ。

記事 960 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。